ラクガキ日記

今日も元気だ空気がうまい。旦那と2人暮らしで現在妊娠中の一般人。

お部屋「不幸」自慢

f:id:apiyama-apisuke:20180525193105p:image

今週のお題「お部屋自慢」

…特に自慢するようなことは無いので、過去に住んでいた部屋の「不幸」自慢をさせていただきます。

 

今から10年前、私は高校新卒で、とある企業に就職しました。

それは郊外型の大型ショッピングセンターで、転勤があり、独身の社員は高卒も大卒もみんな社宅に住んでいました。

というのも、高卒の月給が手取りで11万円でしたので、一人暮らしなんてまず不可能なんです。私も社宅費1万円払って、月給10万円を貰いながら社宅に住んでいました。

 

社宅…といえば聞こえはいいんですが、なにが不幸って、

 

一部屋に3人なんですよ。

(もちろんみんな同性ですが。)

 

3LDKのマンション?的なのを会社が借り上げていて、それぞれの部屋に2人〜3人が住んでいました。3LDKなので、それぞれに6〜8畳程の個室は有りました。個室つっても、部屋によっては扉がふすまだったりするので、防音性は無いんですけど。

玄関、風呂、トイレ、洗濯機、洗面台、キッチン、冷蔵庫、廊下が3人共有、という感じ。

職場での部署も年齢もバラバラなので、いわば他人。みんな個室にこもって、なるべく顔を会わせないよう生活します。

 

誰かがドアを開ける音がしたら、部屋から出ないようにしてました。

お風呂行こうと思ったら誰かが入る音がして断念したり、好きな時間にお風呂もトイレも洗濯も出来ない。

冷蔵庫も気を遣いながら最小スペースにまとめて使用し、プリンとか万が一誰かに食べられないように、袋に入れて保管してました。笑

キッチンなんて使ったことなかったですね。

水道代や光熱費は、家賃とは別請求で、同室3人で折半なんです。

だから、シャワーじゃなく湯船にお湯張って使ってる人がいたり(なんとなくわかる)、ちょくちょくキッチンで料理する人がいたりすると、光熱費が高くなるので、めっちゃ険悪になります。笑

正直私も、料理するわ風呂入るわ好きにしやがる先輩のために、月給10万円の中からたっかい光熱費払うのは嫌でしたね。

共用スペースに、先輩は洗濯物干してたり、冷蔵庫の中に大量に物入れてたり、靴箱を占領されたり、理不尽は当然ありました。

別部屋の同期が部屋に来て話していたら、うるさかったのか、隣の部屋の先輩が壁を蹴って来たこともありましたね…。

先輩といっても、職場でも生活でも基本一切関わらないので、うやまうような気持ちはなく、ひたすら憎い憎い存在でした。笑

 

とにかく自分の部屋なのに、

全然心が休まらないんですよ。

外の物音に気を張りながら、静かに静かに生活してました。

やがて転勤や退職で同期がいなくなり、職場と社宅をただ往復するだけの日々。

月給10万円しかないから、車も買えず、クソ田舎の、居心地悪い社宅の一室に、静かに閉じこもる日々。

カップ麺ばっか食べて、今より10キロ近く太ってました。

身体に謎の発疹ができ、心と身体の限界を感じて結局2年も勤めずに辞めてしまいました。

実家に帰ったら1カ月で体重戻ったので、よほど合ってなかったんでしょう…。

 

好きなタイミングで好きなだけお風呂につかったり、好きに冷蔵庫やキッチンや洗面台やトイレが使えたり、人と普通のトーンで話したり、テレビ見ながら大爆笑できる日常って、マジで最高ですよ。

 

人によっては平気なんでしょうが、他人との3人部屋は私には地獄でした。

家族じゃないんですよ?友達でもなく、他人。なんなら嫌いなやつ。

いやー無理でしょ!?

 

これから就職される方、住環境はよーーーく考えてから選ぶようにね!!