ラクガキ日記

今日も元気だ空気がうまい。旦那と2人暮らしで現在妊娠中の一般人。

姉がLINEスタンプ第2弾を作った

f:id:apiyama-apisuke:20181207224134j:image

 

 

[初めに]

◆妊娠中の経過報告

 

お腹の子の定期検診に行ってきました☆

 

一応出産予定日は明日なんですが、

今のところ陣痛はきておりません。

 

今の赤ちゃんの大きさは、3300g〜3400gで、前回とほぼ同じ。

誤差があるものだし、前回の検診でちょっと大きく言いすぎたっぽいとのことでした。

 

4000g近いんじゃないかと恐れていたので、ちょっとホッとしました。

 

つっても、

平均出生体重の2900gに比べれば、もう十二分に大きいわけで。

早く出てきてくれないかなぁ…。

 

前回の記事に書いた通り、

計画分娩の話を取り下げ、すべて病院の指示に従うことを伝えたところ、先生もにっこり(笑)。

もう旦那が居ようが居まいが、赤ちゃんのタイミング任せで、どーんと構えて待ちますとも!

 

 

赤ちゃんはいいんですが、

私の方にちょっと問題が。

尿蛋白がかなりの数値で、抗生物質を処方されました。

 

めちゃくちゃ膀胱炎になりやすい体質なので、今回もたぶん膀胱炎なんだろうけど…

妊娠中毒症(妊娠後期に起こる。妊娠高血圧症とも。放置すると胎児に悪影響がある。)の可能性があるため、週明け月曜日にまた受診することになりました。

もう最後の最後に妊娠中毒症とかまじ勘弁してくれ〜。

とりあえず水分を摂りまくってトイレ行きまくります!

 

 

 

 

[本題]

◆姉がまたLINEスタンプを作った件

 

さて、妊娠中の経過報告はこのくらいにして、本題です♫

 

私の姉は、2歳と4歳の育児に日々奮闘する、普通の主婦です。

昔から絵が好きで、育児の合間の趣味としてLINEスタンプを作ったことを、

以前紹介させていただきました。

 

↓5月に書いたブログ記事

 

 

 

 

で、

そのLINEスタンプの第2弾がでました!

 

 

[ロールケーキざむらいの日常会話2]

 

 

前も言いましたが、

ロールケーキざむらいってなんだよ…。

わざわざ第2弾って、作った本人、思い入れありすぎだろ…(笑)。

 

 

まぁ一応、家族のよしみで買ってあげましたよ。まったく使わないけど。

 

 

姉は友達がいないので、ほぼ家族しか買ってません(笑)。

もしかして奇跡的に気に入る方がいるかもしれないので、またまた紹介させていただきました。

 

私もいつかスタンプ作ってみたいなー。

 

 

 

ところで、

クリエイターズスタンプを「ロールケーキ」で検索かけたところ、

5月の時点では36個でしたが、

今回42個に増えてました。

 

 

ロールケーキがらみのスタンプだけで42個て。

 

 

そもそも一体誰がロールケーキのスタンプなんて使うんだよ!(お前の姉だよ!)

 

 

 

ちなみにスタンプが1回売れると、30円の収入になるんだとか。

 

 

たかが30円。

されど30円。

 

 

チリも積もれば山となるわけで、ちょっと夢がありますね。

たくさんの人々がクリエイターズスタンプを作るのもわかります。

 

 

 

とはいえ、

もう一回言いますが、

ロールケーキがらみだけで42個ありますからね!

 

 

もうすべての要素は出し尽くされてると言っても過言ではないほど、

クリエイターズスタンプは有象無象で溢れ返っております。

今更参入しても、良い結果は期待できないでしょうね。

 

 

 

 

ただし!!!

 

 

最近、「絵文字」もクリエイターズスタンプが追加されましたよね。

 

 

「絵文字」のロールケーキがらみは今のところゼロです!

 

 

スタンプを作る技術がある方、

絵文字のロールケーキ枠、空いてますよ!

(私は買わないけどね!!)

 

おわり

[久々投稿]まだ産まれない…

f:id:apiyama-apisuke:20181204010433p:image

 

ひっっっっさびさの投稿です。

 

 

里帰り出産で実家に帰っており、

暇なんでまた筆をとりました。

 

 

 

 

出産予定日まで、残り4日となりました。

 

 

おなかの子(女の子)は、

先週の検診ですでに3300g。

 

きっと明日の検診では3500gは確実に超えてくるでしょう。

 

 

ちなみに、今の女の子の出生児の平均体重は2900g。

 

 

 

すでにでかい…。

 

 

私自身産まれたとき4000gあったので、

我が子も、腹のなかででかくなる素質を持っているようです。

 

 

そんなでかいと難産になりそうで、

もうほんと嫌。

 

 

今んとこ全然出てくる気配がないしなぁ…。

 

つわりまっったく無かったし、妊娠中すこぶる健康に過ごして来たので、そりゃーでかくもなるし、お産のときくらい我慢せい!ってことなのかなぁ…

 

 

 

 

 

 

そう!

そんなことより、

 

先週の検診で色々あって、

今かかってる産院で産むのがすっかり嫌になってしまったんですよ…。

 

そのことを愚痴らせてくださいませ。(;ω;)

 

 

 

 

 

里帰り出産で、今熊本にいる私。

夫は大阪で働いてます。

 

 

夫は出産予定日から数日間休みを取って、こちらに来る段取りを早くにしてくれてました。

(ちなみに立ち会い出産はしません)

 

でも、出産予定日を過ぎても産まれないなんて、ザラですよね。

下手したら夫が大阪帰った途端に産まれるかも…。

 

やっぱり我が子が産まれたら、出来るだけ早く夫と子供は会って欲しいし、抱いて欲しい。

私だって、産んだ後はだいぶ参っているだろうし、夫に会いたいのです。

 

 

しかしながら、そんなぽんぽん仕事休めないし、こっちに来るのもお金と時間がかかる。

 

 

だから、

夫がこっちにくる日にまだ産まれてなければ、なんとか夫がいる間中に産めないかと考えたわけです。

 

計画分娩というやつですね。

 

陣痛促進剤なんかを使って、人工的に分娩を促します。

 

積極的にやってる産院もあれば、やってない産院もあります。

 

出産予定日を大幅に過ぎたりすると、母子の危険を考えてどこの産院でも行われます。

 

 

 

で、

先週の検診のとき、そのことを先生にお願いしてみたのです。

 

 

「夫が簡単にはこっちに来れないから、来ている間に産みたい。現時点でもう3300gあるわけだし、出産予定日をすぎたら、すぐ陣痛促進剤等を使ってなんとか産みたい」

 

先生

「薬を使ったって、すぐ産めるわけじゃない。数日がかりになるし、旦那さんがいる間に産まれる保証は全くない。そもそも出産予定日を大幅に過ぎた42週にならなきゃ、その手段は使っていない。早くにそんなことをしても、いたずらに帝王切開のリスクをあげるだけだ。」

 

要点としては、こんな会話でした。

 

 

私は正直、納得できませんでした。

なぜなら…

 

こっちに帰ってきてからの短い付き合いの先生でしたし、ひょうひょうとしていて愛想に欠け、まったく感情が読み取れず、あんまり好きになれない先生だったこと。

 

計画分娩をした知り合いが複数いて、やってる産院がたくさんあることを知っていたこと。

 

我が子が自分のようにでかくなり、難産になるのが怖かったこと(私は注射でも泣きそうになる・必ず横になってやってもらうような超絶ビビりです)。

 

なにより、夫がいるときに産みたいという強い気持ちが、

 

私を納得させませんでした。

 

 

 

 

粘る私。

 

いい顔をしない先生。

 

 

 

 

結果としては、

予定日の2日後の月曜日に入院して、

計画分娩を行うことになりましたが、

「本当ならこんな早くにはしない」と念を押されました…。

 

 

 

自分の要求を通したいあまり、

これから取り上げてもらう産院の先生と、なんだか険悪な空気になってしまった訳です…。

 

 

 

 

そして帰りの受付での清算時、

帝王切開の可能性があるので、事前に健康保険組合に限度額適応認定の申請をすることをお勧めします」

と、案内を渡されたのです。

 

目を丸くする私。

 

「え、これって全ての妊婦さんに話しているんですか?」

「いいえ、普通分娩の方には話していません。だって、計画分娩?ですか?を、されるんですよね?」

 

 

 

 

……え、マジか。

 

計画分娩などという、この病院ではやってない無茶な行為を望むのなら、帝王切開も覚悟しておけと、そういうことか。

 

……。

 

 

とりあえず帰路につきましたが、

まぁ、凹みましたよね。

 

帝王切開なんて、好きでやる人はいません。

回復に時間がかかりますし、お金もたくさんかかりますし、キズも残りますし、2人目も高確率で帝王切開になっちゃいますし。

 

 

 

 

 

そんなわけで、

先生に「帝王切開もやむなし」と「強く」思われながら扱われるのも嫌なので、

 

明日の検診では、

「前回はワガママ言ってすみませんでした。すべて先生の言う通りにします。」

と全面降伏で、

借りてきた猫のようにおとなしく、しおらしく、

良き患者になりきって、

白旗を上げて来ようと思います…。

 

 

 

 

 

はー……。

今更遅いですが、

病院選びって、ほんと大事ですよね。

 

産院によって入院期間が4日のとこと5日のとこがありますが、この病院は4日。初産だし、5日が良かったなぁ…。

いや、今思えば、こんな病院、滞在期間は短い方がいいかな(苦笑)。

 

部屋がすべて個室のとこもありますが、この病院は個室指定は別料金。誰かとタイミングが被ったら、お金払わなきゃ同室になるかも。

 

小さい産院なんで、そもそもあんまり求めちゃいけないんでしょうね。

 

 

 

 

……ええ、そりゃ私が悪いんですよ。

家から一番近いという理由で、安易に選んだんで。

計画分娩したいなら、そういう産院を選ばなきゃいけなかったんですよ。

 

 

 

嗚呼、なんで里帰り出産なのに、計画分娩のこと考えて病院選ばなかったかなー…。

 

 

 

 

2人目は絶対にこの産院では産まねー!

人にも勧めねー!!

こんちきしょー!!

 

 

 

 

 

てゆうか、

 

お腹の子よ、頼むからさっさと出てこーーーい!!!!(泣)

 

 

 

[実体験]お腹の中の記憶について

f:id:apiyama-apisuke:20180722031431p:image

 

久しぶりの投稿です。

 

私は現在第一子を妊娠中でして、今20週です。

お腹の中で赤ちゃんが動いてるのを、なんとなーく感じる今日この頃。

ふと思い出したことがあって筆を(スマホを)取りました。

 

 

 

 

 

世の中には、

お腹の中にいた頃のことを覚えている子供がいるんだそうですね。

 

 

にわかには信じられないことですが、ネットを見てみると、ママさん達の体験談がたくさん載っており、そういう子供が結構いることがわかります。

 

 

年齢がいけばいくほど忘れてしまうんだそうで、

だいたい3〜5歳ごろの子供なら、2〜3割くらいは胎内記憶をもってるんだとか。ほんとかな??

「ママのお腹の中でプカプカ浮いてた」とか、

「ドクンドクン聞こえた」とか、

(胎内記憶がある子は)話してくれるようです。

不思議ですねぇ〜。

 

 

 

 

そんな話を聞くと、

「ウチの子もお腹の中のことを覚えているんじゃないか??」

と思いますよね。

 

ママさん達は、多少なりとも期待を込めて、我が子に胎内記憶がないか、確かめることでしょう。

 

そしてもし、我が子が、

お腹の中のことを話し出したら、

びっくり&感動するでしょうね??

 

周りにも話さずにはいられないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

まさにそういうママが私の身近にもいます。

 

私の母です。

 

そしてなんと、胎内記憶の話しをしたのは、

私なのです。

 

 

 

 

私の母も、ご多分に漏れず、

我が子にお腹の中の記憶が無いか聞いてみたようです。

 

 

そして私が3〜4歳の頃、

「お腹の中は、なんだか青かったとか」とか、

「浮いてる感じだった」といった、

お腹の中の記憶を話してくれたんだそうです。

 

 

 

私が小学生の頃は、

母のお友達の集まりのときや、親戚の集まりのときに

「聞いてよ〜、この子ね〜小さいときね〜」という感じで、私に胎内記憶があったことを、母は度々人に話していました。

私は子供のころ不思議ちゃんキャラだったので、

母の中では、私に胎内記憶があるのはとてもシックリきて、感動が大きかったようです。

自慢気に人に話していたのを覚えています。

 

 

 

 

 

それから16年程経ち、

母がその話しをするのをずいぶん聞いていなかったので、

胎内記憶の話し自体すっかり忘れていました。

 

 

 

 

思い出したのは2年前。

結婚に伴って、

初めて夫を連れて実家に行き、姉家族含めた私の家族と会食していたとき。

 

ひっっさしぶりに、母がその話をしたのでした。

 

 

 

私のエピソードトークとして、私に胎内記憶があったことを得意げに話す母。

 

 

私は「話したこと自体覚えてないわー」と答えます。

 

 

姉もこの話は忘れていた(知らなかった?)ようで、

姉も、姉の夫も、私の夫も、みんな

へー。

という感じで聞いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

話しが変わりますが、

 

私には、

一番古いと言っても過言ではないほど、

古い古い幼少期の記憶があります。

本当におぼろげで、

感覚?として刻まれている、という感じです。

 

 

 

 

 

 

 

それは、

 

 

「お母さんが、

私がお腹の中のことを覚えていることを期待しているから、

それに応えなくては。」

という感覚です。

 

 

 

私は、3〜4歳という幼さながら、

親に気を使い、

親の期待に応えようと、

罪悪感にさいなまれながらも、

お腹の中の記憶っぽいことをテキトーに話したのです。

 

 

お腹の中の記憶は全くありませんでした。

「青かった」というのも、テレビでお腹の中の赤ちゃんのイメージ映像?エコー?的な画を見たとき、それが青かったので、そう言ったのです。

 

母が私の話しに、ものすごく喜び感動し、さらに深く掘り下げて聞いてくるものですから、

必死にテレビを思い出し、想像し、心臓バクバクで答えていた記憶があります。

 

 

この感覚、記憶は、

かなり強烈で、

 

 

母が、私に胎内記憶があったと人に話すたびに、

子供ながらジクジクと心を痛めていたため、

感覚・記憶は消えることなく、今日まで残っているのです。笑笑笑笑

 

 

 

3〜4歳の子が親にそんな気が使えるはずがない、と言う人が居るかもしれませんが、

使ってるんですよ。

子供は、親に、気を、使ってるんですよ。

私のこの記憶・感覚が、何よりの証明です 。笑

 

 

 

なお実は、

ずいぶん昔、

小学校高学年か、中学生くらいのときに、

「あの話は、親の期待に応えようと子供ながらに作った想像だったんだ」

と、母に話したことが、確かあるのです。

 

ところが母は、

「そんなはずはない。あの話しぶりは確かに記憶があったんだ。それに、あの年齢でそんな気が回るはずがない。」

と、断固として認めなかったのです。

たぶん、認めたくなかったんでしょう。笑

 

 

そして、私がそうやって否定したこともすっかり忘れて、

私のエピソードトークとして得意気に人に話して聞かせているのでした。

 

母の夢を壊したくないので、もう否定はしません。笑

 

 

 

 

 

 

母が居ないスキに、夫や姉夫婦に、

上記のことを話したら、

大爆笑でした。

 

 

「3〜4歳で親に気を使ってそんな話しをするなんて、胎内記憶がある子以上に特殊かもしれないね。笑」

と言われちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

……果たしてそうでしょうか?

 

子供って、親が思ってる以上に、

親に気を使ってるものだと思います。

それは何も特別なことじゃなく、普通にみんなそうなんです。

 

 

皆さまはどうですか?

「チキンライス」の歌詞じゃありませんが、子供ながらに親に気を使った記憶、ありませんか?

よほどワガママを許された家庭じゃない限り、全く心当たりが無い人なんて、いるんでしょうか?

 

 

子が親に気を使うのは普通のこととして、

子供の言うことをあまり鵜呑みにしすぎず、

その奥にある本心を感じ取れる親になりたいものですねぇ。

 

 

 

 

ちなみに、

私は、こんな実体験がある以上、

胎内記憶がある子供がいるというのは、正直あまり信じられません。

そういう期待を持つ親がいるから、そういう子がいるんだろうと捉えています。

 

万が一我が子が覚えてる的な発言したとしても、

「あー、テレビで観たんだなー」

「想像力豊かだなー」

と思っちゃいますね。笑笑

 

 

期待を向けられたら応えようとするのが子供の心理。

親に気を使っていなくとも、

子供ですから、空想・イメージ・テレビで見た記憶などを、実際の記憶と混同して話してしまうこともあるでしょう。

それを鵜呑みにして、「ウチの子は胎内記憶があった!」「ウチの子なんてその前の、空から見てるときの記憶があった!!」なんて、もう恥ずかしい恥ずかしい……

 

『ウチの子は特別だ!』

と思うのは大変結構ですが、

あまり過度な期待はせず、等身大で育てていけたらなぁと思っております。

 

 

 

 

 

以上、

実体験&自論づくめの

「お腹の中の記憶の話」でした☆ミ

 

 

 

[懐かしい]エロかったアニメ

f:id:apiyama-apisuke:20180709113752p:image

子供の頃、アニメのエロいシーンを見て

 

「見ちゃいけないもの見ちゃったぁ…(ドキドキ)」

 

って思ったことが多々ありました。

今思えば、あれが性の目覚めだったと思います(笑)。

 

 

アニメには全っ然詳しくないんですが、

なんか急に思い立ったので、

個人的「幼少期」「エロス」にマトを絞って、いくつか挙げて行きたいと思います!!!

 

リアルでは語れないので存分に!!笑笑

 

著作権?知らん!リンク先に言って!)

 

 

《個人的☆子供心にエロかったアニメ》

 

キューティーハニー

 

セクシーの元祖。定番&定番。

かなり古いアニメですが、最初期のキューティーハニーが再放送でやってたんですよ。

敵の攻撃で見事に服だけ吹っ飛び、全身があらわになるシーン。当時の私にはエロくてしょうがなかったですね。

同じことを感じた方は多いはず。たくさんの子供の性を目覚めさせたアニメな気がします(笑)。

 

 

 

さすがの猿飛

 

これもたぶん再放送だったんでしょうけど観てましたね。

内容は全然覚えてないんですが、強烈に覚えているのが、

主人公が「神風の術〜!」って叫ぶとデカイつむじ風が起こって、周りの女の子たちのパンツがあらわになり、おっさんのグラサンが割れる。

というお決まり?のサービスシーン。

ほんとそこだけハッキリと覚えてます(笑)。

 

 

 

⑶まじかるタルるーとくん

 

名作扱いされてますけど、私の中では子供に見せたくないアニメ筆頭です(笑)。

とにかく露骨にエロかった印象があります。いおなちゃんも、いじがわるいちゃんも、先生も、露出しまくりでしたよね??

タルるーとくんおっ◯い吸ってたし…。

子供に見せていい性的表現を超えていたような気がする。

見ちゃいけない!と思いながら見てましたね(笑)。

みんなはエロいと思わなかったのかなぁ?

てか当時はわからなかったけど、登場人物みんな小学生って無理あるでしょ!今なら問題になるわ!!

 

 

⑷ゴーストスイーパー美神

 

美神さんがガメツくて気が強いこと以外、内容は全然覚えてません!

 

注※さっきからどれも全然内容覚えてないですが、幼少期に観たアニメだから内容とかストーリーとか全然わかんないんですよ。

エロかったという印象だけで語ってると思って下さい(笑)。

 

GS美神で覚えているのは、このOPと、なんかエロかったということだけ(笑)。

主人公がスケベで、幽霊のかわいい女の子を代表としてセクシー描写があった気がします。ただパンツが見えるとかではなくて、主人公との絡みがあったからエロさが増していたような気がする(おぼろげな記憶)。

ちなみにこのOP、ひとカラ行ったら絶対歌う大好きな曲です♪♪

 

 

◇「うる星やつら」や「らんま2分の1」を挙げないのか?と思われるかも。子供の頃観てたけど、不思議と私は「うる星やつら」をエロいとは感じませんでした。高橋留美子作品はさっぱりしてて、エロさ感じないんですけど私だけ?

 

 

ジャングルの王者ターちゃん

 

これはエロいというより、下品でしたね(笑)。

うち男兄弟いないので、当時キ◯タマムササビの仕組み理解できてなかったです。笑笑

よくアニメ化したなぁ…。

でもエロさや下品さが薄まるくらい面白かった記憶があります。

大人になって改めて漫画読んだら、やっぱりすごく下品だったけど、同時にすごく面白かったです!

 

 

 

スペースコブラ

 

超名作ですが、子供には内容が大人すぎて全然わかんなかった。

ただ、グロくて、エロくて、大人っぽくて、よくわからんけど痛快で面白いアニメでした。

コブラと一緒にいる全身鉄の女性がかっこよかったですね。コブラよりもその人をずっと見ていたかった記憶があります。

あとはEDのトランプくるくる映像がすごく印象に残ってます。残念ながらOPしか動画は無かった…。

 

 

ーーー次点ーーー

 

①地獄先生ぬーべー

タルるーとくんと同じく、登場人物小学生なのにエロ描写が多い問題作(笑)。

でも面白いし好きですけどね。ゆきめちゃんがかわいい!

子供心の印象として、エロより恐怖が勝ってるので次点としました。回によってはトラウマものだった記憶があります。

 

 

セーラームーン

名作中の名作ですね。変身シーンが大好きでしたね。なお、カッコイイとは思ってもエロいとは思わなかったです。

じゃあ何がエロいって、

子供の頃って、キスシーンでも超エロいと思いませんでした…??

特に覚えてるのが、悪役の白髪のプリンスからウサギちゃんがキスされそうになるシーン。

テレビ見ながら「キャ〜!」って言って手で顔おおって、指の隙間からしっかり見てましたね!笑笑

セーラームーンとか思いっきり女児向けアニメですけど、恋愛要素モリモリでしたよね。男女の恋愛どころか異種や同性の恋愛描写もあったし……。全体的なストーリーも結構重くて、面白かったなぁ〜。

今のプリキュアとかって恋愛要素あるんですかね??PTAがうるさいのかなぁ〜…。

 

 

 

「アニメ」「幼少期」「エロス」に絞るとこんなもんですかね!!

昔は今よりアニメが自由でしたね。昭和のアニメって普通におっ◯い出てたし。

今は子供が見るアニメって、おっぱ◯以前に恋愛やキスシーンも無いですもんね〜。

つまらんつまらん!

 

 

 

 

くっっっだらない雑談にお付き合いいただきありがとうございました!!★★

 

 

 

皆さまの子供心をざわつかせたアニメはなんだったでしょうか〜〜??(*^ω^*)

 

 

「誰もいない森で木が倒れたら音がするのか?」

 

f:id:apiyama-apisuke:20180706200357p:image

 

哲学の有名な問いかけで、

 

「誰もいない森で木が倒れたら音がするのか?」

 

というのがあることを最近知りました。

 

 

 

これ答えは、

「音はしない」

だそうです。

 

 

なぜか?

 

これは

「存在は知覚されることである」

という、哲学的な考え方に基づいた答えらしいです。

 

※言ってる人↓ ジョージ・バークリー

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/

 

音って、空気の振動を私たちが感じとって、初めて「音」と認識しているのであって、

その音を誰も聞いていない、誰も認識していないのであれば、その音は存在しないことと同意であり「音はしない」んだとか。

 

 

 

 

 

へぇー…面白い考え方だなぁ。

 

 

 

 

 

……

 

はぁ!!??

 

 

 

 

いやするだろ!!!

音するだろ!!!

 

 

 

哲学って、人の心とか幸福を掘り下げた学問なわけだから、科学的じゃないのは当然だし、面白いとは思いますが、 

私は意味わかんないですね〜。笑

 

黒人奴隷使いまくって暇になった脳内お花畑のギリシャ人がなんか言い出したぞ的な感じで受け取っちゃいますね。(超偏見)

 

 

 

 

 

音(空気の振動)を感じ取るのは人間だけじゃないでしょう?

 

鳥だって、虫だって、植物だって感じ取る。

 

森って言ってるんだから、そういう生き物も一切いないなんて有り得ないし。

 

その木が倒れたことで、その森には確実に変化が起こる。虫が湧いたり、やがて朽ちて土を豊かにしたりね。

バタフライ効果で、思いもよらないところにまでその変化の兆しは影響を与えるかも。

 

森は、世界はその「音」を感じ取ったのに、

人が聞いてなかったから、その「音」は存在しない、とするのは、

なんっっって人間中心的な考え方なんだと、

虫酸が走りますね。

 

哲学と宗教って切っても切れないと思うんですけど、哲学や宗教って、人間だけ別位置に置いてますよね。

この考え方まじで嫌いだわ〜〜。

 

人間なんて、

地球が何億年と回り続ける中で紡がれていくありとあらゆる事象の、その1つでしかないのに。

特別でもなんでもない、生態系の一部なのに。

あらゆる存在の有無を人間が握ってるかのような考え方がクソだわ〜〜。

哲学わからんわ〜〜。

 

「我思う、故に我あり」

 

…え?

うん。そうだね(汗)

 

だわ〜〜〜。笑

 

 

 

 

 

あ、

その点、神道は素敵ですよ。

 

前言いましたけど、うち実家神社なんです。

 

神道ってほとんど自然崇拝なんで。

人を崇拝しないし、人の形のものも無いんで。

 

神道は一応宗教ですけど、

信仰とか崇拝とかは、なんつーかそもそも無いんですよね。

厳格な規律とか無いし、他宗教とかにもとにかく寛容だし。

伊勢神宮とか、でっかい神社はめっちゃいろいろと厳しいらしいけど笑)

 

どんな田舎にも、地域の氏神様を祀った小さなお社がありますよね。あれこそ神道

神道は、別に信仰することではなくて、

なんだろうな〜〜、

生活?

生活そのもの?

に、感謝すること??

って感じですね!笑(わからん)

 

 

実家が一応宗教法人なのに哲学理解できないのは、神道のそういうとこのお陰ですね!笑笑

 

 

 

 

とにかく、

私の個人的(✖️哲学的)答えは、

 

「誰もいない森で木が倒れたら音がするのか?」

「音するに決まってんだろ!寝ぼけたこと言ってないでクソして寝ろ!」

 

 

が、ベストアンサーです!!!!

 

 

 

 

違うのかなぁ…。笑

 

地震の朝に…[追い込まれて知る一面]

f:id:apiyama-apisuke:20180620092539p:image

 

地震が来た朝、

私たち夫婦は仕事が休みだったので、

まだベットで寝ておりました。

 

窓の外は明るく、

聞こえてくるいろんなモノ音が、

今日がもう始まっていることを告げていました。

 

…でもまだ寝ていたい。

 

半分起きてて半分寝てるような、

そんないつもの朝でした。

 

 

 

そこへ、

 

「「ドンッッ!」」

 

と、縦に走る衝撃が身体を貫いたのです。

カッと目が覚めます。

 

 

ガタガタガタガタガタガタガタ‼︎‼︎!!‼︎

 

 

地震だと考える間も与えず、激しい揺れが襲いかかりました。

縦にも横にも細かく激しく揺れており、「揺れ」というより「衝撃」に近い。

 

五感すべてが、生命の危険を伝えているようでした。

 

 

 

 

 

 

そのときでした。

 

 

 

「うああぁあぁああぁぁあぁぁ!!

怖いよおおおぉぉぉぉぉぉぉ」

 

 

と、叫び、

私にすがりつく人がいます。

 

 

 

 

隣で寝てた夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えぇーー…………?

 

 

 

 

 

 

お前マジか……。

 

 

 

 

 

私が熊本地震に遭ったとき、あんなに心配して、自分が守る的な発言してたのに……

普段から、私とお腹の赤ちゃんのことは自分が守る的な発言してんのに……

 

 

 

 

お前マジか……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこっちはお腹に子供もいるのです。

 

負けてはいられません。

 

 

 

「ひぐぅ………泣(ブルブルブルブル)」

 

 

渾身の

「小さくさめざめと怖がる乙女」

で返します。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私を見て夫は

「ハッ」

としたようでした。

 

 

 

 

慌てて私を抱きしめて布団で私を包み、

 

「大丈夫だよっ、俺いるよっ」

 

と、さっきの事はまるで無かったかのような発言。

私を守らなければという、いつものモードに切り替わったのが伝わってきました。

 

 

 

長い揺れがようやく収まり、

 

そのあとは夫の仕事の連絡や、部屋の片付けや買い出しなどで、慌ただしく一日が過ぎて行きました。

 

 

 

夫は今までも、

今も、

常に私を気遣ってくれています。

 

 

 

野暮な事を言うものではないので、あの第一声について夫に何か言うつもりはありません。

 

 

 

ただ、

考える時間がない、ドタンバの状況に置かれたとき、

夫はパニックになりやすく、

なんなら私に助けを求めてくるというのは、

大きな発見でした。

 

 

 

 

 

やっぱドタンバで冷静なのって、

女なんですかねぇ。

 

私がしっかりしてなきゃダメだなと、学ばされた地震の朝でした。笑

 

 

 

地震やばかった。ヘリがうるさい。

 

やーーびっくりした!!

 

震度6弱でした。

 

マンションの5階に住んでるので、

かなり揺れました(((((;゜゜)))))))

 

物が全部床に落ちた…だるい…。

食器棚は耐震で扉が開かないようになってたので、何も割れなくて不幸中の幸いでした。

 

停電はしてません。

 

水道水が茶色いので、今後止まるかも。

慌てて湯船に水溜めてます。

洗濯機も慌てて回してます。

 

飲料水は2ℓを6本持ってるのでとりあえず大丈夫。

 

熊本地震の1回目とおんなじくらいだったかな〜。

 

熊本地震でバリバリ被災して、そのあとに、結婚に伴って旦那がいた茨木市に転居して来たんですけど、

またかよ!?(T-T)

もういいから!!

 

お腹のタロちゃん(お腹の子のことをタロちゃんと呼んでいる)もびっくりしたことでしょう…。

 

…とりあえず

ずーっとヘリがうるさい。

 

f:id:apiyama-apisuke:20180618095538j:image